• トップ /
  • 通信制高校での単位の継続

無理なく通信制高校

通信制高校での単位の継続

通信制高校での不安解消

通信制高校は、10代の人だけではなく、高校卒業を目指す様々な方が通います。そのため、結婚している方も、女性であれば妊娠している方もいらっしゃいます。妊娠している場合、どうしても産休を取る必要がある場合もありますが、通信制高校はそのような人にも利用しやすい制度が用意されています。休学の制度がその一つです。もちろんほかの学校にもあるのですが、利用者が多く、教員や事務員の方も慣れがありますので、取得はスムーズ。今まで取った単位がむだになることもなく、出産と育児が落ち着いたら、また通うことができますので、自分の事情に合わせて無理なく高校卒業を目指したいものです。

大学の教師に単位の相談をする

大学の教師に産休で休んだ後の単位について相談した時は、良好なアドバイスを頂ける、安心するなどの長所があります。単位のことを心配するのは自然な流れと言えるので、大学の教師は適切なアドバイスをしてくれる可能性が高いです。そして、その話を聞くと安心する結果に結びつくため、気持が楽になります。大学のことは考えず、生まれてくる子供のことに専念したほうが無難な状況と言えます。短所は大きな声で話す教師に相談した場合は、恥ずかしいと感じやすいことです。話の内容が学生達の興味を引きやすい内容なため、校長室を貸してもらったほうがいいです。校長室は周囲に音が漏れにくい設備になっている場合がほとんどなので、相談する場所としてはうってつけです。

通信制高校の単位の情報

↑PAGE TOP